私は仕事探しをする際に、40代ということもあり非正規ではなく正規社員の求人に絞って活動をしていた。

 

 条件面の突き合わせのみの最終面接という話で企業に伺った時の話である。当然のごとく、求人票にあった額が提示されるものと信じ切っていたし、悪くても2割減程度だと考えていた。

 

<人気サイト>
40代の仕事探しのアドバイス
http://xn--40-083ap85ktka2c717p.net/

 

 実際に最終面接の現場に行くと、これまでの面接に出てこなかった役員の立場の人間が現れた。面接を始めると、先方から開口一番、「あなたは経験不足だから、アルバイトなら採用しますがどうでしょう?」と言ってきた。私は愕然とし、「申し訳ありませんが、その条件は考えさせてください。」と申したところ、「分かった。今日は帰っていい。」と言われ、後日、家に不採用通知が届いた。

 

 企業側の一方的な要求に対して不快感を非常に感じた。さらに後日、他の企業でも最終面接の段階で「あなたは経験不足だから、非正規雇用なら雇います。」と言われた。

 

 先方企業が「経験不足だから」という理由で条件を大幅に下げてくるのは常套手段になりつつあるのではないか。第一「経験不足だから」が理由ならば書類審査で落とせばいい。転職側は企業のやり口について研究する必要がある。