私は、中高年の男性ですが、これまで2回の転職活動を経験しています。

 

 一度目の転職は24歳のときだったのですが、それまで、接客業の仕事をしていて、転職先もおなじ商品を扱っている同業種の仕事に転職をしたので、比較的容易に転職することができました。履歴書や職務経歴書を作るのも、相手側がどういったものを求めているかが、それまでの経験からある程度わかっていたので、それにあわせて書くことができたので、ほとんど書類審査で落ちるということはありませんでした。面接に関しても、それまでの職務の内容を話したり、志望先の会社とそれまで勤めていた会社の違いなどを話すことで、高い確率で通過できました。転職活動を始めてから、3ヶ月程度で次の職場を見つけることができたので、結構転職活動も楽しく行うことができました。

 

(おすすめサイトのご紹介)
中高年は適切な求人を選ぼう
http://xn--eck7a6ct58nfua654e28v5f9f.jp/

 

 二度目の転職は29歳のときに、それまでの接客業とは、まったく違う、卸売り業に転職することになったのですが、一度目と違い、それまでの経歴を武器にすることが難しく、六ヶ月程度かかりました。転職は、年齢による採用されやすさもありますが、自分の経歴とよく向き合うことが大事だと感じました。